« 新年のご挨拶 | トップページ | たくさんのご来場ありがとうございました »

2012年1月22日 (日)

写真展始まりました。

今日 無事に写真展の初日を迎えることが出来ました。
本当に沢山のかたに来場頂き感謝の気持ちで一杯です。
夫もきっと喜んでくれてると思います。
厳しい寒さが続いていますが29日まで開催しておりますのでぜひ、お立ち寄りください。

Dsc_0043


« 新年のご挨拶 | トップページ | たくさんのご来場ありがとうございました »

コメント

おはようございます。
写真展はじまりましたね。
開催まで大変でしたでしょう。ご苦労様でした。

写真からも充分に伺う事が出来ますが
素晴らしい写真展になりましたね。
まー君も、とっても喜んでると思います。

私も是非、実際にこの目で拝見したかったのですが
お邪魔する事が出来なく とっても残念に思ってます。

寒さが厳しい時期です。
どうぞ皆様、お体にお気を付けて、
最終日までどうぞ、頑張って下さいませ。

開催に向けてのなれない準備に苦労、こんな素敵な会場に写真展として、実を結びマー君もビックリ
、喜んで良くぞここまで良く立ち上げてくれた家族に感謝している事と思います。

会場で作品の一枚・一枚食い入る様に見ているそれぞれの人々の姿、
きっと・ふるさとの風に吹かれて・に込めた想いをそれぞれに感じ撮り、心の中に感じみなさん帰られて
行かれると思います。

みなさんの頑張りにエールを!!!

こんばんは。
写真展開催開始おめでとうございます。
また、当日は突然訪れまして恐縮です。

どの写真もプリントされ、額に装丁されると一層素晴らしく拝見いたしました。
なれないパソコン操作は大変お疲れ様でした。
その甲斐がある展示会と思います。

写真の下に張ってあるコメントは、「あぁ そうだったなぁ こういうコメントをされていたな~」と
懐かしく拝見いたしまた。

最終日まで長丁場ですが、体調などご自愛くださいませ。
ありがとうございました。

会場でパネルになって並んでいる写真は、ブログで見ていた時とは違う雰囲気で
迫力を感じました。日曜日の岩手日報の記事も大きく取り上げられていましたね。
師匠の「○君!新聞記事見たかい?」の声が聞こえてきそうです。
29日までまたお邪魔しますね。

こんにちは!
写真展の開催 おめでとうございます
多くの写真 皆さん楽しまれている様子ですね
一枚一枚からあふれ出るまー君の思い 優しさを 皆さましっかりと受け止められたのでしょうね
残念ながら行けませんが 過去のブログを、写真から見える岩手を、ゆっくりと見せていただいております  
皆さまの頑張りに私も エールを送らせていただきます

寒さが一段と厳しくなってます
皆さまお身体を どうぞご自愛くださり 最終日まで頑張ってください

先日、新聞を何気なく見ておりましたら、小原正彦という文字が目に入り、お亡くなりになられたことをしりました。わたしは、実家は田野畑で酪農をしておりましたので、小原先生のことは知っておりました。嫁ぎ先も酪農をしており、体格審査、講演会などでお声もかけていただくこともありました。いつも、おしゃれで誰にもやさしい方でしたね。動物の製薬会社のカレンダーにも写真が載っていましたね。ブログを見させていただいて、かきつばたのあざやかな色と、小原先生のさみしそうな後姿に涙がとまりません。今更ですがご冥福をお祈りもうしあげます。

写真展、最終日もお邪魔しました。帰宅後、まー君のブログを最初から見てみましたら
まだまだ、素敵な写真がたくさんありますね。せっかくなので写真集の発行も期待します。
本日、案内葉書の写真になった「天峰山から眺めた岩手山」を私も撮影してきました。
同じ場所に立ったら、あの日のカメラを構える師匠の姿が見えた気がしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/220767/43828875

この記事へのトラックバック一覧です: 写真展始まりました。:

« 新年のご挨拶 | トップページ | たくさんのご来場ありがとうございました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ふるさと岩手の風にゆれて~写真から見える岩手

  • コマクサ 駒ケ岳にて
    風はさわやかに頬をすりぬけて 草花のかおりをはこぶ 私はファインダーに意識を集中し はるかな昔から同じ姿をつないでくれる遺伝子に 感謝をしながらシャッターの音を聞く その音は、思い出を指先に伝え 再開を脳細胞に記憶させるのである
無料ブログはココログ