« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

石割り桜(父の代打で息子がアップ)

Kazumaobara_02

2週間ぶりの盛岡だ。
朝夕はかなり冷え込むが、日中は春を感じるポカポカ陽気。

久しぶりに母と一緒に石割桜を訪れた。
親子仲よく相合い傘には夜桜が舞っていた。

(父の代わりに今日だけ息子がアップ。)

2011年4月24日 (日)

2011年4月24日 報告

皆様へ
いつも写真館に訪問してくださり厚くお礼申し上げます。
体調が不良につきしばらく撮影できません
必ずや再開しましので その時までお待ち下さい
このコメントは 携帯からです

2011年4月18日 (月)

2011年4月17日 スーパースター”カズ”の震災応援

17日(日)の午後、盛岡の運動公園はすごい人出となりました。サッカーのスーパーヒーロー“カズ”が所属する横浜FCとグルージャ盛岡の、震災を支援するゲームが行われました。震災地からも見に来ていましたし、われらのヒーロー三浦カズを一目見ようと15,000人ぐらいの観客を集めました。

息子は震災をレポートしているフォトジャーナリストとして、横浜FCにPRESSの許可をもらいカズと大接近し、もともとサッカー少年でしたのでそれでも興奮しておりました。私は息子と一緒にグランドには入らずに、スタンドから400ミリの望遠でゲームを追いました。

残念ながらカズのゴールシーンは見られませんでしたが、本当に元気をもらいました。試合終了後は両チームの選手が競技場を一周し、観客の声援に応えてくれました。グルージャの選手にとっては練習すらしてもらえないカテゴリーが上位のチーム、そして憧れのカズとの試合に一生懸命のプレーを見せてくれました。

ひとときの時間を、震災の事を忘れる事は出来ないにしろ、思い出を作ってくれた関係者の努力に、そして60分フルに出場してくれた老兵カズに感謝の一日でした。

Dsc_3677_2219

Dsc_3684_2220

↓華麗なステップワーク

Dsc_3715_2223

Dsc_3729_2224

↑ヘッディングの先制点  ↓グルージャの応援団

Dsc_3757_2226

Dsc_3777_2228 

最後に、横浜FCからプレスの許可を得て競技場にはいいている息子です。

Dsc_3619_2218

横浜FCありがとう。このことは絶対忘れません。

2011年4月17日 (日)

2011年4月17日 桜開花~旧図書館芝生公園の桜です

公園の管理人さんが「開花しましたね!」と撮影しているところに来て話をしました。小さくても八重の桜ですが春には桜が似合います。まだ5分咲きぐらいですが、通りすがりの人もカメラで撮影していました。

公園の梅を撮影に来たのでしたが、思わぬ桜にびっくりしました。公式には宣言しないのかもしれませんが、咲いた事は事実です。

Dsc_3588_2216_sakura

Dsc_2360_2205sakura2

Dsc_3560_2211sakura3

Dsc_3569_2214sakura4

Dsc_3561_2212sakura6

樹そのものは大きくないので、全体は目立ちません。快晴の中、桜をアップします。

その後で、梅、そして三浦カズが所属する横浜FCがグルージャ盛岡との震災応援ゲームに来てくれたので、その模様をアップします。

今朝から夕方まで濃い一日でした。

2011年4月13日 (水)

フォトコンテスト入賞しました~散りゆく一本桜

盛岡の隣にある雫石町の主催するフォトコンテストに応募し、震災でその審査が遅れていましたが、本日午前中に入選の連絡を受けました。これまで某公共放送には季節の一枚というコーナーがあり、それで何点か紹介されたことはありましたが、今回は息子からコンテストの情報を得て、2010年の雫石町内で撮影したものを選んで応募しました。雫石には小岩井農場、御所湖、網張スキー場、温泉、川などあり材料には事欠きません。

今回入選したのは、小岩井農場の一本桜ですが、満開を過ぎた桜を望遠で撮影したものです。

Dsc_2314_1836

散りゆく桜と、根元に咲いている菜の花を撮影したものです。満開の一本桜はもちろん素晴らしいですが、1週間後の情景はまた良いものでした。

表彰式もあるようですが、ほかの作品がどういうのが選ばれたのか楽しみにしてます。

2011年4月12日 (火)

2011年4月10日 岩手公園の梅開花

春子谷地から岩手公園に移動し、多分咲いているだろう梅を見に行ったが、これもまたまだ早めの状態でした。と、昨年を調べたら何と勘違いでしたね。昨年の満開は20日ごろ、つまり来週が見ごろということです。思い込みは駄目です。

ということで梅一輪。「梅一輪 一輪ほどの暖かさ」、まさに詩の通りでした。

Dsc_3414_2165
Dsc_3425_2180

Dsc_3434_2183

撮影のレンズはすべて80-400㍉の望遠端です。

梅の樹の上のほうしか咲いていないので接写はできませんでした。

今度の日曜日雨が降らないことを祈っています。

2011年4月10日 (日)

2011年4月10日 春子谷地の水芭蕉

まだ雪が残っていました。例年より10日ほど遅い感じですが、水芭蕉が咲き始めました。まだ早く、小ぶりでした。カメラマンは私ともう一人だけで、途中に来た人は帰って行きました。まだ早いという判断ですね。来週の週末はちょうど見ごろだと思います。

Dsc_2292_2150blog

絞って、白い光があたっている部分を強調しました。

Dsc_2309_2160blog7

Dsc_2314_2171blog5 

Dsc_2324_2176blog3

Dsc_2328_2164blog4

最後は快晴の岩手山

Dsc_3407_2177iwatesan

Dsc_3410_2178iwatesan2

快晴の日曜日でした。

では。

2011年4月 9日 (土)

庭にも春が~クロッカス

おとといの余震は怖かったです。暗いとそれが倍増します。

いつまで続くのかわかりませんが、停電での対応にも万全をきしているつもりでも、いざとなると何かが足りないのです。それにしてもまたガソリンスタンドに長蛇の列です。不安がそうさせるのか、群集心理みたいですが。

我が家の庭にも春が訪れました。福寿草の次はクロッカスですが、この花は背丈が短いので撮影は苦心します。三脚を使うのはもちろんですが、面倒な場合は呼吸を必死に止めての接写となります。

Dsc_3370_2142blog1

Dsc_3390_2137blog3

Dsc_3387_2135blog5

Dsc_3389_2136blog60

Dsc_3380_2131blog70

以上呼吸困難の撮影でした。

2011年4月 6日 (水)

2011年4月6日 岩手山と一本桜と星空

5日の深夜から小岩井農場に行き星空を眺めました。これまで3週間何もできなかったが、やっと動く心境になりました。夜空がきれいでしたので、思い切って小岩井まで行き、深夜の一本桜と岩手山をいれて、星の観察と撮影をしました。雲ひとつない星空にしばし見とれながら、復興する祈りを込めました。

Dsc_3334_21211

↑縦位置で

Dsc_3348_2125

↓追加しました

Dsc_3314_2126

岩手山の上に北極星があり、それを中心に星が回転しています。

15分くらい開けばよかったのでしょうが、これが素人の未熟さです。大よその位置関係がわかったので次回はそれなりになると思います。

又追加です。WBをオートに変えてみました。

Dsc_3345_2128

2011年4月 3日 (日)

震災

きょう震災にあった石巻市に行ってきました。あまりの状況に言葉がありません。津波がどれだけの高さで襲ったか、市内の被害を見るにつけ今後どうやって復興すればいいのか、皆目見当がつかないそういう状況でした。高台にある公園から市内を見渡しましたが、全てが奪われたそういう光景に呆然としてしまいました。私たちはこれから長期にわたって何ができるかを考えて行かなければなりません。きょう撮影することも辛かったのですが、でもこの現実を受け止めて、これからの事を考えて、きょうの写真を掲載することにしました。国全体の問題として重く受け止めて、自分ができることを考えて行きたいと思います。

Dsc_3292_2117

Dsc_3288_2113 

東日本震災で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。そして、被害にあわれた方々の早期復興を心より願うものであります。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ふるさと岩手の風にゆれて~写真から見える岩手

  • コマクサ 駒ケ岳にて
    風はさわやかに頬をすりぬけて 草花のかおりをはこぶ 私はファインダーに意識を集中し はるかな昔から同じ姿をつないでくれる遺伝子に 感謝をしながらシャッターの音を聞く その音は、思い出を指先に伝え 再開を脳細胞に記憶させるのである
無料ブログはココログ