« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

2011年3月27日 春まだ遠からじ~雪が降る3月末です

届いた支援物資を雫石町福祉協議会に届けてきました。盛岡では個人の支援物資を受けて受けていないので、隣の雫石まで行ってきました。被災地の市町村から聞き取りをして必要なものを割り振りして配送するとのこと。皆一生懸命です。

そんな帰り路。盛岡市内に向かって車を走らせているとあやしい雲雪です。市内だけが雪が降っていました。その光景をカシャ!

Dsc_3262_2104

↓青山町あたり降っています。

Dsc_3266_2105

↓左側が盛岡市内方向、雪が降っています。右は晴れています。

滝沢村から盛岡方面に向かって撮影。

Dsc_3273_2108

Dsc_3277_2111

雪の中です。

庭の福寿草も雪にふるえて寒そうでした。

春よ来い!

2011年3月26日 (土)

震災の前の種市海岸 2011年1月23日

2か月前に行った県北の種市海岸です。きれいな朝焼けと日の出、氷柱を見て帰ってきましたが、きょうここの魚市場や栽培センターの様子を放送していましたが、惨憺たるありさまでした。施設の崩壊、漁船が転覆している姿、その中で打ち上げられた網を回収している漁師さんの姿。あのきれいな海岸はひどい状況でした。

この先のことは、安易に語ることはできませんが、早く復活することだけを祈ります。国そして県の支援がどこまでやるのか、今の政治力が問われます。

写真は2か月前の朝です。

Dsc_2235_2102

2011年3月21日 (月)

2011年3月21日 被災地の皆さん頑張りましょう!

普通の生活がどれだけ素晴らしいことか、この10日間じっくり考えました。食べること、笑うこと、これができなくなるということの辛さ、テレビからは悲しさと復興への道とが交叉しあっています。これからは日増しに被災地の状況が明らかになってきますが、復興へも進んでいきます。私はもう少し経過してからボランティアで行こうかと思います。少しでも何かしなければという気持ちです・・・。

地震のあとでも季節は変わらずに進み、庭にはフクジュソウが咲きました。被災地にも福を呼んでほしいものです。

冷たい雪の中でじっとしていながらも、こうやって咲いてくれて、今年の福寿草はこれまでと違って感じます。

すいません、私は少しだけ普通の生活に戻ります。

Dsc_3215_208018

20日

Dsc_3235_2094_20 

ご冥福を祈りながら、復興を目指します。

被災地の皆さん頑張りましょう。

2011年3月19日 (土)

2011年3月18日 東日本大震災から7日目

震災から7日目を迎えました。

知り合いの漁師さんは無事であることがわかりましたが、その方のお父さんは未だ行方不明です。

釜石では高さが20メートルを超える津波だったということもわかりました。

美しかった陸中海岸国立公園を囲む姿が一変し、町並ががれきの山になってしまい、家や行方不明者を探す姿に涙しました。

美しい自然が牙をむき、どれだけの命を奪ったのか。

これからの復興には大変な年月と労力が費やされることでしょう。
私たちは、ここから始まるために何をどのように進めて行くべきなのか
自分ができることを考えたいと思います。
残された私たちは亡くなった方々に復興の姿を示していかなければなりません。

避難場所ではもうすぐ生活物資が足りてくると思いますが、その中で中学生や高校生などが一生懸命に頑張っている姿があります。みんなが何かしようという、その心には感動します。復活には若い力がやはり必要なのだと。

現実的に、盛岡市内でもガソリンは殆ど枯渇状態です。被災地を支援するためにも必要な燃料がなく、また地域経済にも相当のダメージを受けています。少しずつ流れているようですがこの1週間が厳しいのです。

酪農家の生産した生乳は燃料不足で集荷もままならず廃棄している量もかなりの量になっており、出荷についても首都圏への配送もできず、乳業工場も燃料がなく製品化出来ないという現実もあります。農畜産物の生産の一翼を担っている食糧生産基地がダメージを受けているのは燃料がないからです。とにかく早急な燃料の手当てを望んでいます。

今朝、庭に福寿草が咲き始めました。まだ蕾ですが、すさんだ心に安らぎを覚えました。
被災地の人のためにも、現地にこの花が咲いてほしいと願っています。

2011年3月12日 (土)

2011年3月12日 東北地方太平洋沖地震

3月9日に続いて11日14時45分に大地震が起きました。立っていられないほどのすごい揺れに停電。その後、こんばんの20時過ぎにやっと停電が復旧しました。情報が少ない中、ラジオで得られる内容にただただ驚愕しておりました。

こんな地震に自分が見舞われるなんて考えてもいませんでしたが、無事でいるだけでも良かったと思うほどです。

今また大きな地震です。こんな状態が一晩続いています。沿岸の被災地はよく知っている地域であり、知り合いもいる地域です。テレビの映像を見てショックで今は精神的にまいっていますが、被災地の皆さんには心よりお見舞いを申し上げます。

私は家族ともども大丈夫です。

皆さんからのご心配の電話や励ましをいただき本当にありがとうございます。

2011年3月 8日 (火)

2011年3月6日 中津川原にて オオイヌノフグリ

小さくて、踏んでも気づかずに歩きそうな、そんな花がオオイヌノフグリです。まだ咲き始めなんで、群生していなません。春の日差しをいっぱい浴びています。

Dsc_3180_1965

Dsc_3181_1966

Dsc_3183_1967

土手にいっぱい咲くころは見ものです。小さくても存在感はあります。

これで3月6日(日曜日)の撮影だよりは終了です。

又今度の週末にはどこか、春を求めてカメラを持ち、そして春を散歩します。

2011年3月 7日 (月)

2011年3月6日 マンサクの花~岩手公園にて

昨年は3月22日に撮影したマンサクの花、ことしは大雪のせいで寒かったと思ったのに早めに咲きました。この撮影している時間帯は暖かく、春の日差しを浴びていました。

まんず咲く、マンサクの花です。

Dsc_3174_1964

Dsc_2251_1948

Dsc_3151_1960

Dsc_3162_1961

水温む池。うすく張った氷もとけて消えてしまいそうです。

Dsc_2267_1955

春は岩手公園のマンサクから始まり、中津川の河原にはオオイヌノフグリが咲きます。

次回は、そのオオイヌノフグリです。

2011年3月 6日 (日)

2011年3月6日 春の芽ぶき~ねこやなぎ

今朝は雪でした。でも9時ころには止み、その後11時ごろには消えてしまいました。日中の気温も最高気温が8度と、撮影しているとき急に暖かいと感じた一日です。朝の雪でネコヤナギに水滴が残り、それをアップします。

まずは雰囲気を。

Dsc_3116_1936

川岸に降りて行けない場所ですので、400ミリで撮影。

Dsc_3129_1938

Dsc_3141_1944 

Dsc_3131_1939 

まだ、朝は氷点下ですが日中の気温も少しずつ上がってきました。冬になる前にはいかに冬景色を切り取るか考えて3カ月、今はまた別な期待感が心を躍らせる、そんな3月です。

岩手公園にはマンサクが咲き始めました。

川原に目を凝らせば、オオイヌノフグリも咲き始めました。

春です。

このブログを訪問してくれている皆さんへ。

息子から感謝のメッセージが私のところへ届きました。5日間で200を超えるアクセスがあったそうです。本当にありがとうございました。

これからも応援してやってください。

2011年3月 5日 (土)

2011年3月5日 さくら咲く

受験の合格電報が「サクラサク」でした。今からかなり昔のことです。今年は本当の桜咲くです。先日林から拾ってきた枝がとうとう開花しました。昨夜のことです。

Dsc_3017_1901

Dsc_3046_1920

Dsc_3043_1919

Dsc_3038_1914

Dsc_3061_1929

Dsc_3041_1917

Dsc_3053_1927

すこし多かったかもしれませんが、春の訪れということで・・・・。

今朝はまた冷え込みました。藪川は-18度、盛岡も-7度、やっと今0度になりました。

2011年3月 4日 (金)

2011年3月4日 プロデビューする息子です

http://kazumaobara.com/index.html

このアドレスがHPです。

まだ駆け出しですが、プロの写真家としての道を歩き始めました。

まだ、生活はできませんのでバックアップをします。

夢は親と息子の写真展を開ければと思っています。

皆さん、たまには息子のHPにも立ち寄ってみてください。

よろしく。

2011年3月 1日 (火)

2011年3月1日 小さなお雛様と桜のつぼみ

つぼみが膨らんできて、中からピンクの色が見えてきました。今週中には咲くかもしれません。3月に入り、例年だとお雛様を出しますが、今年はそれを止めて小さな5センチぐらいのお雛様を飾っています。

まだ娘がいるので飾ります。

Dsc_2974_1899

つぼみが膨らんできた。

Dsc_2975_1897

Dsc_2986_1900

つぼみを見るお雛様。

Dsc_2985_1898

そういうわけで、今週は桜が咲くまでをお雛様とセットでお送りします。

ではまた 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ふるさと岩手の風にゆれて~写真から見える岩手

  • コマクサ 駒ケ岳にて
    風はさわやかに頬をすりぬけて 草花のかおりをはこぶ 私はファインダーに意識を集中し はるかな昔から同じ姿をつないでくれる遺伝子に 感謝をしながらシャッターの音を聞く その音は、思い出を指先に伝え 再開を脳細胞に記憶させるのである
無料ブログはココログ