« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

2011年1月30日 冬景色 川と針葉樹林 

きょうの盛岡の最高気温は-5度で、撮影に行った雫石はさらに低く-6度でした。葛根田川の上流に行き、マシュマロのように岩に積もった雪が美味しそうでした。小岩井の一本桜は今回も逃しました。朝一番に行けばと悔やんではみたものの、深夜のアジア杯決勝を見て、寝たのが3時半ですから、起きられません。

針葉樹林

Dsc_2349_1696

葛根田川上流

Dsc_2365_1708

Dsc_2367_1707

夕暮に再度一本桜を

Dsc_2386_1709

TBSのドラマで再度有名になった冬の一本桜。雪が樹全体についていればいいのですけど、また時間を見て行きたいと・・・。

また、きょうは長山街道にあるピザハウス「山ぶどう」に行きました。

何を食べたかって・・・・、それは次回の楽しみとして。

2011年1月28日 (金)

2011年1月 冬景色

海の帰りは峠を2つ越えなければ帰ってこられない、岩手は山が多いのです。平庭峠では白樺を、大坊峠では畑にできた影を撮影して帰ってきました。沿岸にはうっすらとしか積もっていなかった雪が、どんどん増えてきて除雪の壁も高くなり、今まさに冬真っ盛りです。昼食は平庭スキー場で、次は車にスキーの板も積まなくちゃ・・・。

白樺の林

Dsc_2326_1678

田んぼの中で

Dsc_2329_1680

雪面

Dsc_2330_1681

拡大すると足あとが

Dsc_2331_1682

雪をキャンバスにして、影。

Dsc_2335_1684

まだまだ冬は続きます。

次はスノーモンスター(樹氷)を見に行きます。天気次第ですが。

2011年1月24日 (月)

2011年1月23日 種市海岸にて 氷柱と海 PARTⅡ

早朝の撮影後のPARTⅡ.朝陽の太陽柱、海には蜃気楼が見え、氷柱は明るくなったので下まで降りて接近しての撮影。氷柱以外は冬といっても雪が少なく、車の中に居ると眠くなるくらいの気持ちのいい朝でした。

砂浜に映る朝焼け

Dsc_2240_1676

太陽柱。画面の上にも光が伸びています。

Dsc_2274_1677

Dsc_2289_1668 

↑400ミリでの撮影。船が浮かんで見えます:蜃気楼でしょう!

つらら接近。

Dsc_2314_1686

Dsc_2317_1674

↑ 鍾乳石のようです。

↓ 氷の中は

Dsc_2300_1670

先の尖ったつららは針のようです。

崖の上からしみ出た水分が凍って出来たものです。この日出会ったカメラマンは3人でした。5時にすれ違ったかた、私が終わった頃来た人、駐車場でまどろんでいるとき来た人。皆さんご苦労様でした。 

2011年1月23日 (日)

2011年1月23日 種市海岸の氷柱と星空

早朝3時出発して種市まで足をのばした。朝の気温は-7度ぐらいと普通の寒さです。高速は八戸道が無料なので600円という格安。5時に着き、空は星空、足元はやっと見えるくらいの明るさですが、月が歩く道を照らしてくれました。海岸の崖に幅50メートル、高さは5メートルぐらいの氷柱がかすかに見えました。場所を決めて星と氷柱をセットで撮影。

Dsc_2184_1661

撮影時間は5時半ころです。30秒ぐらい開いてます。東の空には星が輝いていました。

Dsc_2228_1663

6時15分頃です。朝焼けが出始めて、岬の上にも星が・・・。上の氷柱はこの画面の林の下になります。

Dsc_2247_1665

7時日の出。雲の隙間から光線がまばゆい。

Dsc_2278_16672

7時15分頃。雲にさえぎられた太陽が2分割の光線を。

この後、軽い朝食を食べて仮眠し、明るくなった氷柱を再び撮影に行きました。

それはまたパートⅡで。

2011年1月22日 (土)

2011年1月22日 つららの滴

きょうも撮影に行かずに、氷柱を見ていました。その先から滴が・・・・。きょうはこれで終わりです。明日こそ行くぞ~!

Dsc_2104_1656

Dsc_2154_1659

もう少しで落下

Dsc_2142_1657

落下

Dsc_2138_1660

きょうは終わりです。

あすは3時出発・・・。どこへいくのでしょうか。岩手県北部の海岸線へ。

2011年1月13日 (木)

2011年 冬の樹

少し角度を変えてみたいと思い、樹を中心に切り取って見ました。枝ぶりなど、雪がまとわりつく姿を撮影してみました。

Dsc_1820_1597_blog

Dsc_1837_1603blog2

Dsc_1845_1606_blog3

Dsc_1847_1635_blog4

Dsc_1902_1655_blog5

Dsc_1915_1654_blog6

Dsc_1918_1625_blog7

マクロレンズを使っていないので、次回は90ミリの接写を試みてみようと思っています。

2011年1月12日 (水)

2011年1月5日 朝焼け

毎日毎日が寒さと雪との闘いですが、この写真は1週間前の朝焼け・・・雪を忘れさせてくれます。この朝焼けも5分位で消えてしまいました。明日も厳しい朝が・・・・。

Dsc_2020_1637

冬らしい冬が来て積雪も多く、以前だったら週末は楽しいスキーが待っていたけど、山に行く機会が減って、今は写真撮影に行こうとしても、この道路事情では近場で我慢するしかないこの頃・・・。

今朝の通勤は本当に寒かった。8時半の時点で‐8度、顔が痛くて、雪を踏む音もキュッ、キュッといい音、パウダースノウの感触を味った。

まだまだこれからが本番の寒さがやってくる。

春まだ遠からじ。

2011年1月10日 (月)

2011年1月10日 雪の光と影

朝晴れてきたので、天峰山、岩洞湖と雪景色を撮影に行きました。きょうの岩洞湖は最高気温が-8度と気持ちのいい寒さ。そして、もうすぐワカサギ釣りが始まります。

牧野の中の影

Dsc_2026_1641

もう少し広角にしてみると、2本の樹の影が。

Dsc_2031_1639

道路にて、樹の影が曲線に。

Dsc_2052_1646

Dsc_2049_1644 

もうひとつ

Dsc_2046_1645

日中-8度の岩洞湖。もうすぐワカサギ釣りが開始。向こうに見える山は姫神山。手前の白く広いところは湖。

Dsc_2087_1653

道の駅から外を見ると、屋根にはかなりの積雪が。

Dsc_2077_1650

電線には団子状に雪がびっしりと、重たそう。年末から正月にかけて停電した理由がこんなところにもありそうです。いたるところで折れた枝が電線に引っ掛かっていて危険です。

Dsc_2089_1652_2

2011年1月 8日 (土)

2011年1月8日 すずめ~雪の中で

雪が降ると鳥たちもえさ探しで大変そうですが、我が家の犬小屋に来てます。都市部の雀が減っているという記事がでてますが、我が家の換気扇に巣をつくって朝からチュンチュン鳴いています。

Dsc_1724_1590

睨まれました

Dsc_1732_1583

Dsc_1741_1585_2

Dsc_1723_1581 

なぜか、バラがそのまま残っていて、アイスフラワー状態です。

きょうは新年会・・・。

2011年1月 5日 (水)

2011年1月2日 網張スキー場 partⅡ

冬は色々な情景がでてきます。ウサギの足跡など雪面の表情も豊かで、白い世界も生きています。

足あとの交差点。何匹のウサギが歩いたのか?

Dsc_1922_1633

小さなツリー:美瑛の丘のツリーには及びませんけど

Dsc_1927_1634

ダケカンバの雪の華

Dsc_1843_1604   

曲線:風紋のように雪も風の力でこうなります。

Dsc_1897_1620

針葉樹の華

Dsc_1905_1622

いやー楽しい撮影でした。

スキーもまた復活して自信を持ちました。

次は2月2日のいい夫婦の日に、夫婦2人で5時間券が2200円という安比に行きたいと計画中。平日だけど休暇を取ろう・・・・・。

2011年1月 3日 (月)

2011年1月2日 網張スキー場にて 冬景色

新年の初撮りは網張スキー場からの冬景色となった。昨日までの悪天候が回復し、娘と息子3人で初滑りをしてきた。しばらくぶりであったが、まだ衰えてはいないという実感を持って帰ってきた。冬景色は山頂付近の樹に雪がくっつき、雪のサンゴを感じさせるような光景に興奮の撮影であった。

愛用のスキー:ロシニョール 175㌢のカービング

Dsc_1788_1627

Dsc_1865_16103

Dsc_1876_1615

岩手山の方向を見るとこうなっていた。吹きだまりがきれいな模様に。

Dsc_1884_1618

岩手山をアップで撮影。雲に霞んでいる岩手山の山頂。

Dsc_1878_1617

さらに角度を変えて、別の斜面を。ここももうすぐ樹氷ができる。

Dsc_1889_1619

ナナカマドの実がまだ残っていた。

Dsc_1908_1623

約3時間ほど滑りながら山を撮影したが、乳酸が溜ってきたので初滑りは終了。

汗を掻きながらのスキーだった。帰りは雫石町内にある「松ぼっくり」で美味しいシャーベットを食べてきた。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ふるさと岩手の風にゆれて~写真から見える岩手

  • コマクサ 駒ケ岳にて
    風はさわやかに頬をすりぬけて 草花のかおりをはこぶ 私はファインダーに意識を集中し はるかな昔から同じ姿をつないでくれる遺伝子に 感謝をしながらシャッターの音を聞く その音は、思い出を指先に伝え 再開を脳細胞に記憶させるのである
無料ブログはココログ