« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

2009年7月30日 岩手山の夕暮れ

梅雨が明けない盛岡に夕方光が戻った。岩手山のところだけが雲が切れて、しばらくぶりの夕焼けを見た。御所湖から。

Dsc_1112

Dsc_1115

Dsc_1120

Dsc_1122

2009年7月28日 (火)

2009年7月26日 遠野の里でカッパに会いました。

遠野でカッパに会った。カッパ淵の脇で子供のカッパにおっぱいを与えていました。なんともいえない愛嬌のある姿でした。また、江戸時代に飢饉で亡くなった人々を弔った五百羅漢も見てきた。北上川のボートの川下りの後、遠野まで足をのばした。

Dsc_1065

Dsc_1064

五百羅漢Dsc_1049

Dsc_1025

続石Dsc_1013

ビールのホップ キリンのホップは遠野産です。Dsc_1074

廃屋とヤマユリDsc_1098

2009年7月27日 (月)

2009年7月26日ギネス挑戦 北上川ボート下り

北大橋から川下りを見た。それぞれが楽しそうに下って行った。橋の上からは自分の知り合いに向けて、バナナをぶら下げて差し入れをして、見事キャッチと楽しい時間を過ごしていた。近くから撮影できなかったので映像はいまいち。

Dsc_0951

Dsc_0962

Dsc_0976

Dsc_0949

2009年7月21日 (火)

2009年7月20日 乳牛、木漏れ日、滝 

あるコンテストに出すために色々と歩き回った一日だ。西根の放牧地では乳牛。安比のブナ林で透過光、遠野では滝と、なんだか変な一日だった。

Dsc_0725

Dsc_0792

Dsc_0794

Dsc_0799

Dsc_0907

2009年7月19日 (日)

2009年7月18日五郎沼 古代ハス

紫波町日詰の国道4号線近くに五郎沼がある。今古代ハスが咲いている。五郎沼の古代ハスは、中尊寺金色堂内にある泰衝の首桶から発見された、九百年前のハスの種子から発芽させたもの。金色堂内の泰衝首桶にハスの種子が入っていて、中尊寺からは平成十四年株分けされ、五郎沼の地に移植され(里帰り)たと言います。現代のハスの花と同じものとは言え、平泉の歴史にまつわるロマンを感じさせてくれます。

Dsc_0625

Dsc_0646

ハグロトンボ

Dsc_0668

Dsc_0687

2009年7月15日 (水)

駒ケ岳の花たちⅡ

今咲いている花をアップします。

白いハクサンチドリ。 初めて見ました。興奮状態!

Dsc_0354

オノエラン 初めて見る花

Dsc_0381

ミヤマウスユキソウ

Dsc_0428

エゾツツジ 駒ケ岳が南限

Dsc_0484

コミヤマハンショウヅル

Dsc_0401

ゴゼンタチバナ

Dsc_0385

ヨツバシオガマ

Dsc_0450

ニッコウキスゲDsc_0422

コマクサ

Dsc_0561

2009年7月13日 (月)

2009年7月12日 秋田駒ケ岳と花たち

今週は秋田駒ケ岳に登った。盛岡を朝早めに出て、アルペこまくさから八合目までバスで登った。日曜日ということもあって登山客も多かった。コマクサを撮影したくて登ったが、風と霧でなかなか苦戦した。これまで知らなかった花も見て収穫の多い今日の山登りであった。

チングルマの群生と遠景

Dsc_0530

コマクサ

Dsc_0564

Dsc_0545

Dsc_0516

2009年7月 7日 (火)

2009年7月5日 八幡平のニッコウキスゲの群落

八幡平山頂周辺を散策後、樹海ラインを下った先に、見事なニッコウキスゲの群生があった。中に入って見られないため遠目の花園が気になった。秘密の花園だ。

Dsc_0287

Dsc_0302

Dsc_0293

Dsc_0297

2009年7月 6日 (月)

2009年7月5日 霧の中の八幡平Ⅰ

6月20日に八幡平に来た時は残雪の中でボードやスキーをやっていた。3週間後の7月5日はワタスゲ、チングルマ、ヒナザクラ、そしてニッコウキスゲと花を満喫して帰ってきた。八幡沼周辺は霧がかかっていたが、むしろ趣もあり、さわやかな八幡平の休日であった。

霧の中の八幡沼

Dsc_0253_2

Dsc_0244

木道とワタスゲ

Dsc_6362

Dsc_6369

咲き終わったチングルマDsc_6347

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ふるさと岩手の風にゆれて~写真から見える岩手

  • コマクサ 駒ケ岳にて
    風はさわやかに頬をすりぬけて 草花のかおりをはこぶ 私はファインダーに意識を集中し はるかな昔から同じ姿をつないでくれる遺伝子に 感謝をしながらシャッターの音を聞く その音は、思い出を指先に伝え 再開を脳細胞に記憶させるのである
無料ブログはココログ