« 駒ケ岳の花たちⅡ | トップページ | 2009年7月20日 乳牛、木漏れ日、滝  »

2009年7月19日 (日)

2009年7月18日五郎沼 古代ハス

紫波町日詰の国道4号線近くに五郎沼がある。今古代ハスが咲いている。五郎沼の古代ハスは、中尊寺金色堂内にある泰衝の首桶から発見された、九百年前のハスの種子から発芽させたもの。金色堂内の泰衝首桶にハスの種子が入っていて、中尊寺からは平成十四年株分けされ、五郎沼の地に移植され(里帰り)たと言います。現代のハスの花と同じものとは言え、平泉の歴史にまつわるロマンを感じさせてくれます。

Dsc_0625

Dsc_0646

ハグロトンボ

Dsc_0668

Dsc_0687

« 駒ケ岳の花たちⅡ | トップページ | 2009年7月20日 乳牛、木漏れ日、滝  »

コメント

こんにちは。
ハスの上に飛んでいるのは蜂ですか?
なかなか撮れる写真じゃないですよね。
素晴らしいです。
トンボは早すぎて私には撮れません。
今日はこれから湘南ベルマーレの試合を
見に平塚に行って来ます。
ではでは。

まCさん こんにちは。
昆虫シリーズは、やはりミツバチがいいですね。
これからヒマワリが咲きますが、花の中にもぐりこんだミツバチやフォバリングしているミツバチが絵になります。
それからまCさんの写真も冴えていますね。いい写真を見せていただきましたよ。

こんばんは^^
ハスの良い色が出てますね~
ハチが来るまで待っておられたんでしょうか。すばらしい^^
忍耐力のかけらでも分けてほしいくらいです(汗

ハス全盛ですね。
紫波町ですかー
仕事で数年前(中尊寺も含め)通過しただけでした;_;
横目で見た中尊寺、時間つくって立ち寄りべきだった(あー失敗)

トンボの胴体?光に当たるとやはり羽みたいにグラデが効きますね。金属色にも似た輝きはこれまた被写体にはもってこいですね。

ハスがD50,トンボがD200...・・・??
当り???
正解やいかに^^


古代ハスの色合いとても良く素敵に撮れていますね !!!
 ハチとのツーショット良く撮れましたね。お見事としか、言いょうしか
 ないですよ。
 トンボもこうしてみていると、小さいながらも凄く迫力感ある被写体
 ですね。
  
 900年前のハスが今によみがえって目の前で咲いている、何か不思議
 な感じがしますね。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Grayさん どうもです。
平泉藤原氏の古代ハス。歴史の重さを感じてきました。
ハチは飛んできました。時間をかけたのではなくて、勝手にハチがポーズをとってくれましたよ。今回に関しては忍耐はなしでした。

Nikon爺さん どうもです。
地理的にはご存じらしいのであれば、今度の秋田撮影の旅の途中にでも、といってももうハスは咲いていないと思いますが。
ハグロトンボ(羽黒とんぼ)はオスが光っていますので、見てすぐわかります。もう少し時間をかけたかったのですが。
さて、正解はどちらもD200です。花のマクロをD50と書いておきながら、この日はD200のみの撮影しでした。これからもD200が中心となると思います。2台持って行きたいのですが・・・。

くーくんの畑館さん どうもです。
畑の調子はいかがですか。収穫も沢山でしょうか。900年前の花が咲いていると言ってもピンときません。ただ藤原氏の首の近くに供えたハスの種ということになると、これはすごいことです。咲かせるまでの苦労が大変だったらしいのです。

これまた綺麗に咲きましたね。
花の開き方もいいですね。
おいらのところはまばらです。
ところで蓮って本当に開花のとき「ポンッ」となるのでしょうか?

( ‥) さん どうもです。
今がちょうどいい感じです。
古代ハスの歴史を感じながらですが、昔は現代と違ってすべての物体がそれほど色のバリエーションがない中で、このような色は貴重なものだと思います。
さて、カキツバタはつぼみがふくらんで、花が咲く瞬間にポンと音が出ました。初めて聞いたときは「えっ」と驚きました。
ハスは聞いたことがありませんが、出るとしたら大きな音だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/220767/30607062

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年7月18日五郎沼 古代ハス:

« 駒ケ岳の花たちⅡ | トップページ | 2009年7月20日 乳牛、木漏れ日、滝  »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ふるさと岩手の風にゆれて~写真から見える岩手

  • コマクサ 駒ケ岳にて
    風はさわやかに頬をすりぬけて 草花のかおりをはこぶ 私はファインダーに意識を集中し はるかな昔から同じ姿をつないでくれる遺伝子に 感謝をしながらシャッターの音を聞く その音は、思い出を指先に伝え 再開を脳細胞に記憶させるのである
無料ブログはココログ